ころころ歯ブラシの使い方は簡単?

ころころ歯ブラシはどんな使い方をするの?

歯科医の方が推奨する虫歯や歯周病を防ぐための歯磨きの時間は、トータルで20分くらいなのだそうです。

 

このトータル20分というのも、1日5分を4回くらいに分けて磨くのがより効果が高いのだそうです。
普通、歯磨きは1回につき5分くらいですよね。
もっと短い人もいるかもしれません。
けれど、真剣に歯周病を予防しようと思えば、それでは足りないのでしょう。

 

歯周病の予防のためには歯磨きの時間だけでなく、歯ブラシを変えるとさらに効果が高くなります。
ころころ歯ブラシは歯周病の予防・改善を目的としているので、歯周病で悩んでいる方や歯周病が心配な方にはぴったりの歯ブラシです。

 

 

ここではころころ歯ブラシの使い方を説明したいと思います。
ころころ歯ブラシは通常の歯ブラシとは使い方が少し異なり、持つ時は鉛筆を持つような持ち方をすることになります。
歯を磨く時は、歯ブラシの先端についたローラーの毛先を歯や歯ぐきに対して90度の角度になるように当てて、力を入れずに動かすだけでいいのです。
そして、歯を磨く時は歯磨き粉は必要なく、水だけで大丈夫です。

 

ころころ歯ブラシで歯を磨くと口の中に唾液がたくさん出るようになり、唾液の殺菌効果で歯周病の予防・改善が可能となるのです。

 

 

ころころ歯ブラシで毎日歯を磨き使い方に慣れてくると、ころころ歯ブラシで歯を磨くことが気持ちよくなってきます。
普通の歯ブラシでは、歯の磨き過ぎは避けた方がよいとされていますが、ころころ歯ブラシは力を入れずに磨くことができ、歯磨き粉も必要ないので、磨き過ぎて歯や歯ぐきを傷めることもありません。

 

ころころ歯ブラシで歯を磨く気持ちよさを知ってしまうと、面倒くさがりな人でも積極的に歯を磨くようになるようです。
大部分の人は、歯を磨くのは朝食後と夜寝る前くらいではないかと思いますが、ころころ歯ブラシの使い方に慣れてくると朝と夜に加えて昼食後や夕食後と1日4回くらい磨く人もいるそうです。

 

ころころ歯ブラシで歯を磨くことが習慣になってくると、磨いた後の爽快感と舌で歯の裏側に触れた時のツルツル感がたまらなく気持ちよくなるのです。
もちろん歯周病の予防効果は大変高いですし、すでに歯周病にかかっていたとしても改善されていくでしょう。

 

このような簡単な使い方で歯周病の予防・改善ができますから、ころころ歯ブラシに興味を持っているなら気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

↓↓ころころ歯ブラシ公式通販はこちら↓↓

ころころ歯ブラシ